わたしがRadeonを使っている理由

2012年8月のこと。
デュアルディスプレイに慣れ、まだ表示領域が足りないと感じ、3枚目のディスプレイを接続できないか、と考えた。

調べると、1枚のグラフィックボードに複数の接続端子がついていても、基本的に2画面までしか表示できない制限があるらしい。
更に調べると、DisplayPortという端子で繋げば、3枚目を表示可能という事がわかったのだが、当時、GeforceでDisplayPortがついているグラボは(ほぼ)存在しなかった。
そこでRadeonのグラボを調べると、DisplayPortがついているものがいくつが存在している事がわかった。

「わたしはトリプルディスプレイ環境を構築する為、GeforceからRadeonに乗り換えた」

時代が進んだ今ではGeforceにも普通にDisplayPortがついているのだが、グラボのドライバを完全に入れ替えるのがかなり面倒な為、Radeonを使い続けて今に至る。
ただ、圧倒的シェアを持っているGeforceでしか利用できないツールが多々あり、いつかGeforceに乗り換えたいと考えているのだが、今使っているRadeonのグラボがか・な・り高性能な為、金銭面等、色々と課題が残っている。