専門書

今日、用事があったついでに本屋に寄ったのだが、
今までは何かしら欲しい本(各種専門書等)があって、
そのコーナーをだらだら眺めるのが楽しみだったのだが、
今日行ってふと考えてみたら、もう何も見るコーナーが無かった。
つまり私が欲しいと思っていたものはもう全て買ってしまったという事で…。

買ったはいいけど、どれひとつマスターどころか読破すらしていない。
買うだけ買って積んでいる専門書の山。
宝の持ち腐れとはこういう事を言うのであろうか。