S○NYのゲーム戦略。

最近…って程ではないが、PS4の告知、PS2ハードの販売終了。
PS4に下位互換なし。
普通にPS1、2…とリリースして、過去に一部互換できたものもあるのだから、PS4のスペックがあれば、エミュレーションもそこまで難しくはないと思う。
S○NY何考えてるのよっていうのがユーザの総意だと思う。
…が、S○NYは『ゲームソフトを売っている』という考え方をしていないのではないかと思うようになった。

某パソコンOSとかは、一定期間でサポートを終了する。
セキュリティソフトも1年更新が通常。
それと同じで、S○NYコンテンツに関しては、『ゲームソフトの買い取り』ではなく、『コンテンツを一定期間プレイできる権利を貸す』という認識なのではないかと。
だからこそ平気で過去のソフトも『アーカイブで』プレイできるようにします、と。
一度PS、PS2ソフトのプレイ期限が切れたので、改めてPS4でその権利を提供します、と。

…まぁそんな考えに同調するようなユーザは居ないだろうし、クリエイターもどう考えてるかはわからんし、
そもそもわたしはそこまで新しいハードに拘りもないので、ダメージは少ないのだが。